溶接機の種類について

金属と金属を接合するために、溶接機は必要不可欠です。一口で溶接機といっても、溶接の種類や目的によって、機械の選び方は変わります。こちらでは、代表的な溶接機の種類や特徴についてご紹介いたします。

TIG溶接機

電気を用いた溶接機です。電極には、熱に強いタングステン電極を使用しています。その周囲に不活性ガスを流して、溶接するという方法です。スパッターもなく、高品質で綺麗な溶接跡が得られます。溶接箇所に空気がなく、材料の酸化もないため、様々な金属の溶接に使用することが可能です。アルミニウムやステンレスなどの溶接が可能である点が、TIG溶接機の最大の特徴です。

TIG溶接機の詳細はこちら

半自動溶接機

現在、主流となっているアーク溶接の一種です。材料であるワイヤーやガスは自動的に供給されますが、溶接は手作業で行うため、「半自動」と呼ばれます。品質の高い溶接と、作業の効率化に応えるものとして開発されました。
溶接材を改良し、ガスを連続供給することにより、高品質と効率化を両立させた画期的な溶接機です。 ガスの種類や対象金属の違いにより、様々な溶接技術が開発されています。

半自動溶接機の詳細はこちら

MIG溶接機

アルゴンやヘリウムなどの不活性ガスを、シールドガスとして用いる溶接法です。空気と遮断された状態で作業を行うため、窒素・酸素と反応せずに溶接が進行します。集中した熱源で、効率の良い溶接が可能です。アルミニウム、銅、ニッケル、耐熱鋼などの、鉄系材料や非鉄金属の溶接に適しています。

MIG溶接機の詳細はこちら

バッテリー溶接機

車用のバッテリーを繋いだ溶接機です。電源の確保が難しい場所での作業に適しています。排気ガスが出ないため、換気しづらい室内でも利用可能です。騒音がないことから、住宅街での使いやすさには定評があります。電源はバッテリーであるため、小電流から大電流まで、安定した溶接が行えます。

バッテリー溶接機の詳細はこちら

エアープラズマ切断機

エアープラズマ切断機とは、電圧を加圧することにより体積を縮小させた圧縮空気をプラズマ化して、母材を溶解させ切断する方法です。電流150A以下の小型機が主流で、手動切断がほとんどです。また、切断部の品質、切断作業時の操作性・安全性が優れているのもエアープラズマ切断の魅力です。鋼材、ステンレス鋼の他にもアルミ合金などの非鉄金属の切断にも用いられています。

エアープラズマ切断機の詳細はこちら

エンジンウェルダー

エンジンウェルダーは、エンジンを動力源とした溶接機です。電源不要のため、電源の無い現場、工場やプラントの保守作業などで使用されます。また、安全性に長け、過酷な環境でも良好な溶接品質を得られるため、作業環境の悪い現場などにも用いられてます。

エンジンウェルダーの詳細はこちら

弊社では、パナソニック溶接機、ダイヘン溶接機など、トップメーカーの製品に力を入れて取り扱っております。
中古溶接機をお探しの方、買取を検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。